缶じうす12月号ができました

缶じうす12月号ができました。
編集人は硯。小説7編が収録されています。
総合科学部、教育学部、文学部の「缶じうすスタンド」、サークル棟1階BOXなどでお求めいただけます。
今回は卒業生より小説1編を寄せていただきました、是非ご一読下さいませ。
また、こちらから十二月号のうち姫川乃愛 作「水そうのなかの魚」を試し読みいただけます。

- contents -
水そうのなかの魚 姫川乃愛
ディアリタ(後編) 七津八
乾きの声 自慢人
豊潮丸に乗って 其の二 千夜時雨
デスフェスティヴァル(中編) 蓮見
ケーキの記憶 石川裕子
宇宙、空、私。その3 Orange flavour

すくりぃべんてぇすの本37号 お詫びと訂正

「すくりぃべんてぇすの本37号」におきまして、誤植などの誤りが複数ございました。
以下に箇所と詳細を記すとともに、皆様に謹んでお詫び申し上げます。

P.48  上段左から5 行目   貸していただけせん→貸していただけません
P.50  上段     10行目    覚ますのです      →冷ますのです
P.55  下段       1行目       」ゆえん         →ゆえん
P.56  上段左から 3行目   ところ正しく評する  →ところで正しく評する
P.58  下段左から 4行目   毒身           →毒見
P.64  上段左から 3行目   開いている手の方で→空いている手の方で
P.65  上段          12行目   同じ呆れ果てている →同じく呆れ果てている
P.95  上段左から9行目   姿を出現します    →姿を現します
P.97  上段          5行目   嗜好           →思考
P.106 上段最後の行      変わり前        →代わりばえ
P.109 下段         1行目   その子芝居のために→その小芝居のために

すくりぃべんてぇすの本37号ができました

すくりぃべんてぇすの本37号ができました。
編集人は蒼井天優。小説3編が収録されています。
11月3日、4日の大学祭で販売します。

- contents -
緑閃光と愛の不在を証明せよ 七原ハルコ
孤独のオートマタ 渡科由太
桃缶とでんでん太鼓のひざもとにて。 七津八