缶じうす学祭号ができました

缶じうす学祭号ができました。
編集人は芹沢一。小説11編が収録されています。
総合科学部、教育学部、文学部の「缶じうすスタンド」、サークル棟1階BOXなどでお求めいただけます。
また、こちらから学祭号のうち千歳緑 作「ありふれた話」を試し読みいただけます。
今回はゆかたまつりにて来場者の皆様から「読んでみたいワンシーン」「使ってほしいセリフ」といったアイデアを投稿していただき、部員が作品化しました。アイデアを投稿してくださった皆様はありがとうございました。
今回、製本上のミスがあり、74ページと75ページの間に乱丁がございました。読者の皆様にはご迷惑をおかけいたしましたことを謹んでお詫び申し上げます。

- contents -
Campus Life(1) 蓮見
ありふれた話 千歳緑
私がゼロになったとして 千歳緑
一方通行ディスクール 七原ハルコ
ゆかたまつり企画結果発表
広い教室 渡科由太
アフタヌーン珈琲time~極上の朝ブレンド~ 七原ハルコ
ねりいろトンネルエフェクティア 七津八
最強の矛と鉄壁の盾 渡科由太
ティラノサウルスとの逢瀬を通じて感じたことあれこれ 蓮見
もにふく――it’s time to go into morning―― 春原奈々子

コメントは受け付けていません。